カーソルを重ねて拡大 タッチして拡大
Necklace

OKAVANGO

オカバンゴ

オカバンゴ・デルタは世界最大の内陸デルタで、生息する生物の多様性などの理由で2014年、世界遺産に登録されました。デルタ内部にはラグジュアリーロッジが点在し、欧米人に高級な観光地として有名です。

「カラハリの宝石」と呼ばれる砂漠のオアシス。雄大な川、生命の源となる水へのオマージュを込めて。

  • K18WG ダイヤモンド / トータル40.82ct

    SAB1WDNC0163

※価格はダイヤモンドのグレード、サイズにより異なります。予告なくデザイン・仕様・価格を変更することがあります。

DESIGN

雄大な河の流れ
生命の源となる水へのオマージュ

砂漠の多いアフリカでは、ダイヤモンドだけではなく、水もまた大変貴重な資源の一つです。

生命に欠かすことの出来ない「水」をテーマに南部アフリカを故郷とする、大自然の恵みであるダイヤモンドを使用。

全体に反映された曲線は、オカバンゴの自然の曲線美から着想を得ました。

アフリカの雄大なる自然と、そこに在る「命の水」へのオマージュをその自然が生み出したサバースダイヤモンドの奇蹟の輝きで表現しています。

INSPIRATION

豊かで美しい、まさに砂漠のオアシス

サバースの故郷、南部アフリカ・ボツワナ共和国の北西部に位置する、世界最大の内陸河川デルタ、オカバンゴ湿地帯。遠くアンゴラの高原地帯を水源とするオカバンゴ川が、蔦の茂る曲がりくねった水路や、美しい小島や数々のラグーンを形づくりながら、カラハリの砂に吸い込まれてゆく、世界的にも珍しい地形です。

多くの野生動物たちが水を求め集うオカバンゴ湿地帯は、『カラハリの宝石』と呼ばれる程豊かで美しい、まさに砂漠のオアシスなのです。

世界最大のダイヤモンド産出国であるボツワナ共和国の北西部に位置するオカバンゴ湿地帯は、砂漠化が進むアフリカにおいて“A Heaven on Earth(地上の楽園)”と呼ばれ貴重な水源となっています。

ボツワナ共和国政府はエコツーリズムを推奨し、この地域への年間入場制限(ある一定以下の人数のみ入場することが出来る)を行うなど乱開発や大規模な観光開発を行わず、熱心に環境保護を推進しています。

OKAVANGO BRACELET

オカバンゴ ブレスレット

同じコレクションの商品を見る