brand concept

ブランド コンセプト

<南アフリカ共和国 カリナン鉱山>

mountain
mountain
mountain
SOUTH AFRICA Cullinan

南アフリカ共和国北東部・ハウテン州の州都プレトリアの北
約35キロメートルに位置する世界有数のダイヤモンド鉱山。
1902年 プレミア鉱山の名称で操業開始しました。
2003年に操業100周年を記念して、現名称のカリナン鉱山となりました。

ダイヤモンド原石「カリナン」

南アフリカ共和国のカリナン鉱山では、 1905年 世界最大のダイヤモンド原石「カリナン」(3106ct)が採掘され、9個の大粒ダイヤモンドと96個の小粒ダイヤモンドにカットされました。 大粒の物はカリナンIからIXまで名前を付けて呼ばれており、 イギリス王室が所有しています。 カリナンI(530.2ct・ペアシェイプカット)は王笏に、 カリナンII(317.4ct・クッションカット)は王冠にセットされています。

1800年代の鉱山の様子

南アフリカで1867年に発見された歴史上最初のダイヤモンド鉱山であるキンバリー鉱山では、
馬利用のウィン地やトロリーが使われていました。

底から鉱山を引き揚げる馬利用のウィンチ

クモの巣のように張り巡らされた、労働者や資材を現場に運ぶケーブル

労働者を運びおろすトロリー

人間が手で堀りあげた世界最大のクレーター。深さ100mのビッグ・ボール。

Blue Diamond from South Africa

カリナン鉱山は極めて美しいブルーダイヤモンドを算出する鉱山で、近年ササビーズやクリスティーズのオークションにもカリナン鉱山産のブルーダイヤモンドが出品されています。
ブルーダイヤモンドはカラーダイヤモンドの中でも最も希少性が高いカラーのひとつで、近年その人気が高まっています。


ブルーダイヤモンドの色起源はホウ素によるもので、ダイヤモンドが結晶化するほどの地中奥深くには、ホウ素がほとんど存在しないため、完成したダイヤモンドの結晶が青くなるのは“神様の気まぐれ”と言われるほどに珍しい偶然で、まさに奇蹟の産物です。
また、ダイヤモンドが結晶化するほどの地中深くになぜホウ素が存在していたのかについては、現在でも判明しておらず、そのため特に色鮮やかなブルーダイヤモンドの価値は上昇する一方とも言われています。

top

TOP